FC2ブログ

hibi

子育てしたり、はたらいたり ものつくったりとかしています。

続!陶製の湯たんぽ

昨日の夜、わっちょのお布団に湯たんぽを入れ
それがかなり良かったらしいので
今日も入れることに。

で、ずぼら中のずぼらな私は
昨日から入れっぱなしの湯たんぽを布団から取り出したわけですが
(普通は朝片付けるんでしょうよ)



暖かい。

温かい。

どっちだ!


ぬくい!


かなり感動したのでした。



おわり。
  1. 2012/12/13(木) 22:03:56|

陶製の湯たんぽ


なんしか、ばぁちゃんが家出した家に住んでるもので、色々出てきます。

陶製の湯たんぽ
あることは分かってたけど、今日初めて使ってみます。
  1. 2012/12/12(水) 21:04:19|

錫の急須

3年ほど前に、京都の弘法さんで買った錫の急須。


一目惚れして、購入したものの、なかなか高かった上に、ちょっと使いづらくて、完璧に飾りになっていました。

が、ふと思い出し使うことに。

そしたら、3年前に払ったあの金額は妥当だったのかと気になったわけで

調べてみたら、錫製品

べらぼうに高い!

高いぞ!

3万円~6万円ほどするじゃないか!


あの時
こんな金額ではなかなか買えへんで。

といったおばちゃんの言葉は、にわかに信じがたかったのですが…

ほんまやってんな~

でも使いづらい。

また、そのうち飾りになるんやろな~
  1. 2012/12/12(水) 20:03:01|

切ない茶太郎(仮)のはなし

今日実家に帰ったら
外でニャーニャーいうので

母親に尋ねたら

近所の人が、隣町に家を建てて
飼い犬は連れて行ったのに、猫は置いて行ったと。(爪とぐから)

で、実家に住み着こうとしている。と。

とても人懐こい子で、外で用事してたら、肩に乗ってきたり
お腹も見せてくれるらしく
とても可愛いのですが、その置いて行った勝手な人に腹が立つ気持ちもあり、このまま飼うのもどうかと思っているらしいのです。

去年16年間生きた猫が亡くなり、一番多い時で、4匹飼っていたのですが、殆どの世話は母がし、色んな良いとこも悪いとこも見てきたわけで


もう、生き物を飼うのは嫌だ。

と話していた母にとったら
可愛いけど、飼うのは色んなことを含め辛く
私もなんとなく、その気持ちもわかるわけです。



ただまぁ かわいい。

推定6ヶ月。
茶色いので、茶太郎(仮)

実家の子にならんかなぁと淡く期待を寄せています。

しかし、犬は良くて猫はだめやなんて…

う~ん
  1. 2012/12/08(土) 22:56:24|
  2. 考える

2013年の手帳


ほぼ日手帳にしました。

なんか地味なものばっかりなので、せめて手帳くらいは派手に。





今日は、外にいたらキュコキュコなるので
音の方をみたら屋根の上やら側面やらに断熱材らしきものをはめ込む作業を

数人のお兄さんやらおじさんやらがやっていて

まぁ別に楽しくはないんでしょうけど

私にはすごく楽しそうに見えたわけで

一緒になってやりたい。

とただただ思いました。


大工さんとか、職人さんの友だちが欲しいです。


ではっ
  1. 2012/11/29(木) 17:42:35|
前のページ 次のページ